ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

アニメーター科

独創的で躍動感あふれるアニメーションを目指して

アニメの基礎知識から、デッサン・動作の基本・表現手法など、アニメの企画から完成までの工程を学習します。アニメーターに必要な基礎技術の養成から始まり、実際にアニメ制作に取り組んでいくことでプロとして必要な能力を身に付けます。

アニメーター科

  • 全日制1年

  • 全日制2年

原画・動画アニメーター、作画監督等を目指す

アニメーター科は原画・動画アニメーター、作画監督等を目指す方を対象とした学科です。絵に関して全て基礎から学習するので、入学前の画力については問いません。ただ、アニメーターにとって最も重要となるのは画力と作画スピードですので、プロになるためには基礎画力を徹底的に身に付ける必要があります。

量と質が未経験者をプロへと育てる

短い時間では実習が少なく、絵の実技試験にも合格するような画力を付けるのは難しいのが現実です。当学院ではデッサンを中心とした手描きの美術実習を毎日行うので、経験を問わず入学ができます。もちろんアニメーションの作画実習も毎日行います。このように年間を通じて絵を描き続ける授業が当学院独自のカリキュラムで、この量と質が未経験者をプロへと育てます。

アニメーションの基礎知識から学ぶ

学習内容はアニメーションの基礎知識から、様々な動き、透視図法、動画、原画など、アニメーション制作に必要なスキルを毎日実習で学びます。卒業制作では実際に企画から完成までを手掛け、アニメを作ります。これらの実践教育の結果、生徒は極めて短期間で即戦力として業界に就職しています。日々放映されるテレビアニメや劇場版アニメで原画動画のみならず、監督やキャラクターデザイナーとしても多数の卒業生が目覚しい活躍をしています。

コース特徴

アニメーターに必要な基礎力を根底から構築

動きを創造するアニメーターの仕事においても、基本となるのは描写力や構成力です。当学科では授業時間の半分をデッサンにあてる事で、ものを的確に捉え、表現する力を養います。この作業はアニメーションの基礎技術の修得を促すだけでなく、その後の成長を左右する重要な要素と言えます。

生徒主動で作品を企画・制作

毎日の課題制作で基礎力の向上を図る一方、オリジナルイラストやオリジナルアニメーションの制作も1年次から行います。授業で学んだ知識や技術の定着はもちろん、生徒主動で作品を企画・制作する事で考える力が養われ、プロの現場では必要不可欠な応用力を学生の内に身につける事を可能にします。

夢の実現を支えるために学習・就職の両面を強力サポート

  • 豊富な授業時間 通常の授業時間10:00〜16:00 + 放課後も開放
  • 実践教育 現場で使われる生の技術を実践的に取り入れたカリキュラムで即戦力を育成します
  • 就職サポート これまで4000名の生徒を就職に導いた就職指導のエキスパートがあなたの就活をサポート

新聞奨学生制度

目指せる未来

主に目指す職業

アニメーター、 メインアニメーター、 監督、 総作画監督、 作画監督、 キャラクターデザイナー、 イラストレーター、 演出家、 プロデューサーなど

主な就職先

旭プロダクション / プロダクション I.G / マッドハウス / サンライズ / J.C.STAFF / 日本アニメーション / GONZO / OLM / XEBEC / OHプロダクション / 中村プロダクション / スタジオディーン / アゼータピクチャーズ / ufotable / AIC / 亜細亜堂 / 京都アニメーション / スタジオマーク / ぴえろ / シャフト / サテライト / スタジオ4℃ / シルバーリンク / ブレインズ・ベース ...

その他の就職実績をすべて見る»

業界で活躍している卒業生からのメッセージ

実力は絵を描く時間に比例します。描かないと本当に上達しません。

ob1

荒畑 歩美さん

2004年卒業 / チーム・タニグチ .LLP 勤務

荒畑 歩美さんからのアドバイス

何事も楽しんでやること。まずはそれからです。苦手だ、嫌いだと避けてしまうことはやめたほうがいいですね。それでは何も得るものがないですから。そして、少しでも疑問が生じたら先生に相談することです。良い評価も悪い評価も必ず身になるものです。少しでも良いものを作りたいと思うなら、決して無駄にはならないはずです。

»その他のOB・OGメッセージをすべて見る

在校生の声

新村さん

勉強だけに専念できて本物の「アニメの専門学校」という感じでした

koe1

実際に入ってみての感想

授業時間が長いからというのがこの学校に入学を決めた一番大きな理由です。イベントも長期間の休みもなく勉強だけに専念できて本物の「アニメの専門学校」という感じでした。1年間で2年分勉強できました。放課後も先生に残っていただき、授業で疑問に思った事を丁寧に教えてもらうことが出来ました。授業では指摘された内容を次回の作品制作に活かすように心がけています。とにかく楽しみながら課題に取り組んでいます。

»その他の在校生の声をすべて見る

地方にお住まいの皆様へ

学生寮 経済的な負担を軽減、年間35.5万円から

東京ゲームデザイナー学院では、地方から上京して勉強に励む方のために学生寮を用意しています。

»詳しくはこちら

ページの先頭へ