ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

アニメ・ゲーム業界業界に就職した学生インタビュー
生徒
長命 幸佳さん

NANA、DEATH NOTEなどの人気アニメ制作で知られる株式会社マッドハウスに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由を教えてください。

他の学校のことも調べてみましたが、この学校は夏休みも短いですし、学校で学ぶ時間が圧倒的に多かったので入学を決めました。

文化祭などの余計な行事も無いですし、勉強だけに専念できたのが良かったです。

また、私のような新聞奨学生に対してのケアも行き届いていたように思います。

★作品制作ではどんな点に気を使いましたか。

デッサンにしてもアニメーションにしても授業に楽しく取り組むようにしていました。

講評では次回につながるテーマを探すため、先生のコメントをメモを取りながら聞いていました。

先生方は教えるプロとして経験豊富ですし、就職活動でも頼りになる味方でした。

楽しんで勉強できたのも先生のおかげだと思います。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか。

毎日、楽しく絵を描いて欲しいです。

楽しいことなら吸収も早いはずですし、長く続けていくには気持ちの部分も大きく関わってくると思うからです。

取り組む姿勢としてのアドバイスは意識していろいろなジャンルの絵を描くことですね。

それにともなって自分の描けるジャンルの幅も広がっていくはずです。

★就職活動の感想と今後の抱負を聞かせてください。

就職活動では面接での印象ももちろん大切ですが、やはり作品ファイルに力を入れることが一番だと思います。

動画作品では基本的なポイントは必ずおさえました。

無事に就職を果たしましたので、1つでも多くのアニメーションに仕事として参加していきたいと思っています。

そして最終的にはアニメーターとして食べていけるようになることが目標です。

ページの先頭へ