ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

アニメ・ゲーム業界業界に就職した学生インタビュー
生徒
矢吹 智美さん

NANA、DEATH NOTEなどの人気アニメ制作で知られる株式会社マッドハウスに決定

★学校の授業やシステムで一番良かった点はどんなところですか。

デッサンをしっかり学べたところが良かったです。

マンガ絵ばかり描いていてはわからないことも多くありますので、基本に立ち返ることで修得できるスキルはたくさんあります。

また、授業時間もきっちり確保されていますから、学生気分を捨て社会人になるためのステップとして最適な学校だと思います。

★作品制作ではどんな点に気を使いましたか。

授業の中の1つの課題とは言っても、やはり自分の「作品」になるわけですからクオリティを高く保つことに神経を集中させました。

実際に今後仕事として絵を描いていくとしても1枚1枚に臨む姿勢というのは変わりないと思いますし、どんなシーンであっても全力で取り組むことを勉強できたと感じています。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか。

先生からは「枚数を描け」とよく言われますが、これは単に何枚も絵を描けということではないのです。

似た絵は避けて描いたり、得意な角度をあえて外して描くなどバリエーションを増やせという意味なんです。

これから勉強する人にも絵を描く時にこのような意識を持ちながら、作品にのぞむと良いと思います。

★今後の抱負を聞かせてください。

自分の性格や絵に対する姿勢と自分の目指す会社の方向性が上手くマッチしたことが今回の就職という結果につながったのだと思います。

映像と絵という両方を満たす職業としてアニメーターを考えたのが最初のきっかけでしたが、これからもずっと絵を描いて生活していきたいと思っていますので、努力する姿勢を忘れずにがんばっていきたいと思います。

ページの先頭へ