ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

アニメ・ゲーム業界業界に就職した学生インタビュー
生徒
清水 亮吾さん

攻殻機動隊 S.A.C.シリーズ、BLOOD+などの人気アニメ制作で知られる株式会社プロダクション I.Gに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由を教えてください。

大学の時に「るろうに剣心」を見てアニメーターになることを決意しました。年齢的にも1年でも早く就職したかったので、短期間でも授業時間が多いこの学校に決めました。学生寮があったことも1つの要因です。学生に対してのサポート体制が行き届いているという印象を持ちました。

★学校の授業やシステムで一番良かった点はどんなところですか。

先生からの指導が受けやすい環境だったのが一番良かったです。

先生の人数が多く、生徒1人1人をよく把握していただいていました。

先生1人が大人数を見なければならないような学校だとどうしても指導が雑になるだろうし、そのような意味でも生徒1人あたりの先生の人数って学校選びの際に重要なポイントだと思いますよ。

★作品制作ではどんな点に気を使いましたか。

期限内に描き終わるように努力することと先生から指摘を受けた部分は面倒でもきちんと修正すること。

この2つに注意して授業に臨んでいました。

先生とは作画について話し合いながらより良いものが描けるようにしていましたね。また、描く数をとにかく増やして経験を積むことも重要だと思います。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか。

自分が就職することが出来たのはクロッキー帳を描きためていたことが大きかったのではと思っています。

ですからこれから勉強する人も早めにクロッキー帳に作品を描きためておいたほうが良いかもしれません。

私自身もこれからまだまだたくさんの絵を描いていこうと思っていますし、そのような中で事象を観察する力を磨き、作画に活かしていこうと思っています。

ページの先頭へ