ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

アニメ・ゲーム業界業界に就職した学生インタビュー
生徒
中村 駿介さん

「緋色の欠片」「カオスウォーズ」などの人気ゲーム開発で知られるアイディアファクトリー株式会社に決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由を教えてください。

大学は出たものの、将来は自分の好きなことで仕事をしていくべきだと考えていましたので、就職はせずに進学しました。

なぜこの学校にしたかというと、体験学習の際の印象が決め手になったからです。

的確にアドバイスをもらえる学校だと感じましたし、時間も多いからしっかりした技術も身につけられるのではと思ったのです。

★入学後、技術的に上達した点はどんなところですか。

PCの扱いやアクリル・水彩絵具の着彩などが目に見えて上達しました。

授業での作品制作実習では期間内に仕上げることはもちろんでしたが、そのなかでこだわらなければいけない部分にもしっかりこだわって作品を作り上げました。

厳しい環境下で繰り返し実作業を反復することが力になったのではと思います。

★今後の抱負を聞かせてください。

早く仕事を覚えて、一人前のクリエイターになることが目標です。

いずれは、楽しめるというだけでなくメッセージ性の高い作品や、プレイした人の心に永く残る作品を創れるようになりたいと思っています。

私が今この場にいられるのも、この会社に入りたいという熱意があったからです。

この初心をいつまでも忘れずにいるつもりです。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか。

卒業して初めてわかったことですが、この学校で学んだ2年間がとても大事な期間だったことに気付きました。

これからこの学校で学ぼうという人には、この期間を上手く使って充実した毎日を送ってほしいと思います。

困難な壁にぶつかることもあるかもしれませんが、後悔の無いようにがんばってほしいですね。

ページの先頭へ