ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

在校生の声 | アニメーター科

勉強だけに専念できて本物の「アニメの専門学校」という感じでした

新村 香奈さん

授業時間が長いからというのがこの学校に入学を決めた一番大きな理由です。イベントも長期間の休みもなく勉強だけに専念できて本物の「アニメの専門学校」という感じでした。1年間で2年分勉強できました。放課後も先生に残っていただき、授業で疑問に思った事を丁寧に教えてもらうことが出来ました。授業では指摘された内容を次回の作品制作に活かすように心がけています。とにかく楽しみながら課題に取り組んでいます。

生徒

間違いや失敗から得られるものがとても多いように感じます

向井 千明さん

「アニメ」について専門的に詳しく勉強できる学校だと思います。とにかく授業が”濃い”です。先生からは数多くの指摘を受けますが、その内容が具体的なうえにとても的確で、間違いや失敗から得られるものがとても多いように感じます。実際の授業では自分が作った動画を確認する時間が楽しくてモチベーションが上がります。周囲の人から吸収できることもたくさんあって実力が上がっていくのが実感できて嬉しいです。

生徒

勉強した技術が作品内に使われているのを発見し嬉しくなります

西野 綾花さん

文化祭のようなイベントに時間を取られずに授業に集中できるのがいいです。頭の中でイメージしていた通りに絵が動いてくれると嬉しい気持ちになりますが、その難しさもわかるようになってきました。アニメについて学んでいくうちに、普段見ている作品の見方や印象が変わってきて、勉強した技術が作品内に使われているのを発見し嬉しくなります。見ているだけでも新しい発見や学ぶことがたくさんあるのだと感じています。

生徒

やる気のある生徒にはしっかり先生がサポートしてくれる学校です

田中 里穂さん

高校3年の時にこの学校を見つけて進学することを決めました。アニメの授業は難しいこともありますけど、先生がずっと付いてくれて教えてくれるので大丈夫です。でも一番大切なことは自分自身の努力だと思っていますので、どんな課題でもすぐに諦めたりせずに頑張っていこうと思っています。やる気のある生徒にはしっかり先生がサポートしてくれる学校ですから、これから真剣にアニメの勉強を考えている人におすすめです。

生徒

自分のやりたい「アニメ」だけに専念して勉強できるのがうれしい

富沢 峻一くん

高校までとは違い、自分のやりたい「アニメ」だけに専念して勉強できるのがうれしいです。授業での作品では人物の動き方を特に注意して制作に励みました。自然に見えるように動かすのは結構苦労するんです。そんなこともあって絵に対する意識が変わったかもしれませんね。僕は動きのある作品に興味が出てきましたので、キャラクターがビルの間を飛び回って闘うようなリアルな動画を創れればいいなと思っています。

生徒

描く数をもっと増やしながら上達していきたい

清水 亮吾くん

アニメーターという職業を意識したのは大学生の時でした。少しスタートは遅くなりましたが、それでもこの学校なら1年間でも充分に時間数がありますし、それもあってこの学校に入学を決めました。今まで描いたことが無いものは特に苦労しますが、学校で経験しているのは有意義なことだと思いますので、描く数をもっと増やしながら上達していきたいです。

生徒

自分に厳しく、高いクオリティを自分自身に求めていきたい

井上 雅紀子さん

高校では体育関係の勉強をしていましたので今とは全く違いましたね。でも、もともと動きのある絵を描くのが好きだったので、動画を描いてみたいと思うのは自然な流れだったのかもしれません。修了制作ではオリジナルアニメを創りました。思い通りに表現しきれずに苦労した部分もありましたけど、思い出深い作品になりました。将来は「隠し味」が効いてる作品を創りたいですね。そのためにも自分に厳しく、高いクオリティを自分自身に求めていきたいです。

生徒

この学校ではアタマとカラダと第6感を使う勉強をしている

矢吹 智美さん

映像に関わる仕事がしたいという希望と、絵を描く仕事がしたいという希望があったので、両方を満たすアニメという答えになりました。この学校ではアタマとカラダと第6感を使う勉強をしている印象です。とにかく朝から晩まで絵を描く授業がとても楽しいです。入学してから1年がたち、無意識に出来るようになっていることがたくさんあって自分でもビックリしています。1年の終わりにアニメを1本創り上げてみて、自分のやりたいことはやれたなという満足感が得られて成長を感じました。

生徒

ページの先頭へ