ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

講座内容について (Answer) | アニメ・マンガコミック科

1. プロの漫画家を目指したいと思っています。マンガ・コミックプロ養成科の授業で十分でしょうか?

誰の真似でもないあなたの感性を形にする職業ですから、授業だけで満足してはいけません。しかし、当学院のカリキュラムは、作家にとって必要な基礎から実践までを全力で指導していきますので、あなたのやる気次第では在学中にプロの漫画家としてデビューすることも夢ではありません。実際、作品を有名雑誌に投稿し見事受賞した生徒もたくさんいます。夢が夢で終わらぬよう、あなたのがんばりを当学院が責任を持ってバックアップしていきます。

2. アニメーションは大好きですが、技術については何も知りません。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。当学院の入学生のほとんどはアニメーションのことを一度も勉強したことがない方です。当学院では、このようなアニメーション制作が初めての方を対象に、トレースから作画の初歩まで基礎をしっかり勉強しながら、順次トップクラスの技術までレベルアップさせて指導します。

3. 就職が心配なのですが

当学院ではアニメーターの養成を実践的に行います。徹底した画力を磨くための授業が毎日続けられ、1年制コースから大手アニメ会社に多数就職という全国でも稀な実績を出しています。同様に実力主義のゲーム会社へも他校が及ばない就職実績を誇っています。就職が心配なのであれば尚更、実績がある当学院のカリキュラムを専任講師のもとでしっかり学習して就職に備えていただきたいと思います。

4. 就職先はアニメ関係だけなのですか?

アニメ会社に就職するために習得する画力はゲームなど他のデザイン分野でも共通して求められるものです。就職指導部にはゲーム業界からの求人もたくさんあり、実際にゲーム会社に就職をして活躍している卒業生もいます。身に付けた技術や知識を用いて何を表現するのかは自由に選択できますので、まずはしっかり授業を受けて技術習得に励んでください。

5. 漫画のストーリーを考えるのが苦手です。そう言った勉強もできるのですか?

当学院は、漫画家の基礎的な技術から、人間の心理構造のポイントを外さないストーリーの考え方までトータルに勉強します。面白いストーリーには法則があります。そこを押さえることによって、人の心を捉える物語を描くことが出来るのです。しかし、その法則に独自の発想を織り込むことを忘れてはいけません。自分の目や心のドアをいつも開けておき、様々なものを吸収しておくことが、人を惹きつけるストーリーを作る上での大前提です。つねにアンテナをはり、驚きや発見を見つけ出せる才能も漫画家には必要なのです。

ページの先頭へ