ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

  • HOME
  • 大学生・社会人のみなさんへ。本当にやりたいことを仕事に

大学生・社会人のみなさんへ。
本当にやりたいことを仕事に

大学生・社会人のみなさんへ。本当にやりたいことを仕事に

やりたい仕事が見つけられない大学生、今の仕事で満足できない社会人・フリーターのみなさんへ。

東京ゲームデザイナー学院はゲーム・アニメ業界への専門職としての就職実績No.1を誇る学校です。

転職やキャリアアップのために入学する学生が増えています!!

一度きりの人生でやりたいことを仕事にしなくて後悔はしないか?

大学や短大を卒業してから専門学校に入学する方、またゲーム・アニメ業界への転職を目指して当学院に再進学をする学生が急増中です。一度きりの人生でやりたいことを仕事にしなくて後悔はしないか?社会に出てから芽生えた職業観を実現したい!本気で就職を狙うなら実績No.1の東京ゲームデザイナー学院です!

就職実績

創立以来、ゲーム・アニメ業界就職者4000名を突破した信頼の実績ゲーム・アニメ・漫画・CG・イラスト等のクリエイターを数多く輩出

任天堂 / ソニー・コンピュータエンタテイメント / コナミデジタルエンタテインメント / カプコン / スクウェア・エニックス / セガ / アトラス / 元気 / ドワンゴ / Klab / NHNプレイアート / 日本ファルコム / JCスタッフ / バンダイナムコゲームス / ナムコテイルズスタジオ / ハドソン / アイディアファクトリー / ユークス / チュンソフト / レベルファイブ / アテナ / フロム・ソフトウェア / マーベラスエンターテイメント 他多数

万全の就職サポートで再進学者を応援

豊富な求人情報の提供[Information]

業界から日々多数の求人情報が寄せられています。当学院で得た専門知識や技術を社会で存分に発揮できるように、ゲーム業界のみならず、IT・Web関連、ゲーム・アニメ以外のCG・映像系企業も含め豊富な求人情報を、学生のみなさんに余すところなく提供します。

作品審査[Evalution]

ゲーム・アニメ業界でクリエイターに応募するには、なんと言ってもまず作品です。自分の技術や個性を評価してもらうために提出するものですから、もちろん個人作品が必要です。作品提出時には、作品のまとめ方、提出書類の細かなチェック指導も行っています。

面接指導[Guidance]

専任の就職指導スタッフが、面接の場で発言することが苦手な方や、自己PRが上手に出来ない方に対して、厳しい就職戦線を勝ち抜くための面接ノウハウを、自信が持てるまで個別指導しています。また、履歴書の書き方からビジネスマナーまで細かいケアもしています。

相談[Consultation]

就職指導部では希望の企業に就職できるかなどの不安や悩みを解消できるまで回数を重ねて相談できるサポート体制を整えています。学生の方に親身に接していますので、進路のこと以外でも気軽に相談してください。また、現場の担任講師も学生の就職作品制作のアドバイスなどで応援しています。

東京ゲームデザイナー学院とは

東京ゲームデザイナー学院は実践重視のカリキュラムと豊富な授業時間が特徴の本格的クリエイター育成スクールです。

東京ゲームデザイナー学院は今年で創立24年を迎えるゲーム・アニメ・漫画の専門スクールです。業界就職に必要な技術と新たな時代をリードできる感性を兼ね備えたクリエイターを育成するために、実践教育と授業時間数にこだわっています。完全実力主義のゲーム・アニメ・漫画業界の中で真のクリエイターを養成すべく、専門授業に特化した授業、PC1人1台、徹底した実習、個性重視、低学費を基本理念に即戦力となるトップレベルの教育を提供しています。

東京ゲームデザイナー学院の特徴

徹底した実践教育

プロへの最短距離は実践することです。入学から卒業まで、実習時一人一台のパソコン体制が取られ、机上の知識を詰め込むのではなく、作品制作の課題を次々とクリアしていくスタイルの授業で、半年ほどで高いレベルのゲームが制作できるようになります。アニメ・マンガコミック科でも同様に作品を描くことを中心とした授業を展開し、様々な実践の場があります。

全日制によるフルタイム授業

半日制のゲームスクールが多い中で、東京ゲームデザイナー学院ではAM10:00〜PM4:00まで、5時間の授業をフルタイムで行っています。さらに正規の授業時間に加え、必要に応じて放課後も教室を開放しています。もちろんこの時間も講師は常駐。好きな時間に自主学習や講師への質問などが出来ます。

個性重視の教育

ゲーム・アニメ・漫画のユーザーが求めているのは技術だけではありません。新しい作品を創り出す発想力を持った人材が求められています。そこで当学院は模倣を排除し、オリジナルな作品が出来るよう、自由な雰囲気の中で「個人作品」を制作していきます。この「個人作品」は、就職を決める上でもっとも大事なポイントとなります。

作品発表の場

企業の制作現場では、クリエイターが制作した作品をプレゼンテーションする能力も必要とされています。そこで東京ゲームデザイナー学院では、制作した作品をクラスの前で発表する「講評」の授業を行います。また、修了・卒業制作などは個人個人で装飾を考え、作品展示会を実施しています。毎年華やかな展示物が並ぶ一大イベントです。

社会人を経験後に東京ゲームデザイナー学院に再進学!夢をかなえた先輩たちのインタビュー

ページの先頭へ