ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

総務人事の仕事から東京ゲームデザイナー学院 PCや半導体の工場での総務人事として事務全般や給与計算などの簡単な経理の仕事をしていました。黙々と同じことを繰り返す毎日で楽しいとは思えませんでした。

夢に向かう気持ちが強く、会社を辞める不安は感じませんでした。

■会社を辞めて当学院に入学したきっかけは?
絵の仕事につくのが昔からの夢でした。普通に就職してみたものの、その夢を諦められませんでしたし、仕事も楽しさを見出すことが出来ませんでしたので思い切って退職してこの学校に入学しました。
■ゲームにはいつぐらいから興味があったんですか?
実を言うと最初は漫画家になりたかったんです。子供の頃はよくノートに漫画を描いてました。ゲームはその延長で好きになりました。社会人になってからはゲームで遊ぶ機会が増えて、ストレスを発散していましたね。
■なぜ、漫画ではなくゲームの学科を選んだんですか?
RPGのゲームに感動しまして。絵を描く仕事ならこういう分野もあるんだと気付きました。グラフィックという部分だけを見れば仕事を探す上での間口も広がりますし、最終的に「仕事をする」ことに目標を置くのであればゲームのほうがより近いのではと考えたからです。
■実際に勉強してみてどうでしたか?
今まで絵について知らないことも多かったのですが、たくさん学ぶことが出来て満足しています。具体的には体のバランスや絵の中のバランス、構図などを知識としてだけ入れるのではなく、実際の感覚として意識できるようになったと思います。
■仕事を離れることに不安はありませんでしたか?
私自身は絵を描く仕事を強く求めていましたので不安よりも楽しみのほうが大きかったです。ただ、これから私と同じように退職して通学しようという人にとっては不安に思う気持ちは理解できます。それでも夢に向かって飛び込む勇気さえあれば大丈夫だと思います。
■今後の抱負を聞かせてください。
私自身もまだ学校に通っているというだけで、夢の実現は果たしていません。自分の希望する会社に入って好きなRPGのグラフィック部分を担当することが夢です。まずは就職を決めて、皆さんに頼られるようなクリエイターになれるように頑張っていきたいと思います。

ページの先頭へ