ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

OB・OGからのメッセージ

岩松 晶子 氏 2002年卒業 株式会社アクワイア 開発部勤務(フリーランス)

岩松氏がこれまでに制作に加わったゲームのタイトル
THE BATTLE OF 幽★遊★白書 "死闘!暗黒武術会" 120%(フルパワー)
プロジェクト エフ(Mr.SPLASH)
天誅4(Wii)
勇者のくせになまいきだor2(PSP)
侍道3(PS3)
Q1 当学院に入学した理由は?
昔から絵が好きでそのツールとしてのCGに魅力を感じておりました。映画とゲームで迷いましたが、ゲームの方がインタラクティブでいろいろなCGに関われると考え入学を決めました。多くの学校の中から御校を選んだのは、授業が1日中あり、時間を無駄にすることが無いという理由からでした。
Q2 当学院の授業のどんなところが良かったですか?
デッサンの授業時間が豊富にあったことです。CGの仕事ではリアルさを求められますからイメージを具現化するためにもデッサン力が必要不可欠です。先生から強烈にダメ出しされたことも印象に残っています。このような体験を出来たのは自分を磨く上で貴重なことだったと思います。
Q3 実際にゲーム会社に入社してみてどうですか?
自分の好きなジャンルをじっくりと納得いくまで創れた学生時代とは違い、システムやプログラムなどから受ける制約が多いと思います。ただ、どのような条件でもより良い作品を作るのがデザイナーのセンスの見せどころですし、ある意味職人技だと思います。これからも限りある中でどん欲にいいものを創っていきたいですね。
Q4 勉強中、あるいはこれから勉強しようという人へのアドバイスをお願いします。
まずは楽しむことが大切です。そして自分の作品を好きになることです。授業で与えられた課題を自分で苦手だと思い込んでしまったら絶対に上達はありません。そして、学校にいる間に友人や先生に自分の作品について意見をもらうことです。そうすることで独りよがりにならない作品を生み出すことが出来るようになるはずです。

ページの先頭へ