ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

OB・OGからのメッセージ

栗野 智行 氏 2004年卒業 株式会社トライエース システム開発部 勤務

  • eoe

    エンド オブ エタニティ
    (C) SEGA

  • vp2

    ヴァルキリープロファイル2
    (C) 2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

栗野氏がこれまでに制作に加わったゲームのタイトル
ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-
エンド オブ エタニティ
Q1 当学院に入学を決めた理由は?
企画やサウンドを含め、1人でゲームを作れるようになるという授業方針に魅力を感じたので入学しました。実際に勉強してみての感想としては、先生が付きっきりで指導してくださったので勉強に集中できる環境が整っていたと思います。PCが1人1台あって自由に使うことが出来る体制も、勉強する側にとって有利な仕組みだと思います。
Q2 当学院で学んだことで、現在のお仕事に活かされていることはどんなことですか?
どんなに複雑なプログラムになっても、プログラムを組む上での「基礎」の部分というのは共通ですので、その下地になる部分を入念に勉強できたことは今でも役立っています。そのような意味でも授業時間内だけでなく放課後も自由に勉強できた「時間数」というメリットはプログラマーとしての強い土台を形成する大きな要因になったと思います。
Q3 栗野さんが手がけた作品の中で印象に残っている作品はありますか?
ヴァルキリープロファイル2−シルメリア−で自分が手を加えた部分はいずれも印象に残っています。いろいろな失敗も重ねながら作成した作品ですので、完成したときには相応の感動が得られました。その作品をユーザーがプレイしてくれていることを考えると苦労した分、喜びもまた大きいです。
Q4 勉強中、あるいはこれから勉強しようという人へのアドバイスをお願いします。
授業に集中して努力を重ねていくことももちろん重要なことですが、プログラムそのものに興味を持って気になることはどんどん試していって欲しいと思います。また、授業時間以外にも勉強になることは日常に溢れていますので、個人個人で吸収していく姿勢を持っておくと必ず自分の力になるはずです。

ページの先頭へ