ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

OB・OGからのメッセージ

米島 嵩弘 氏 2006年卒業 株式会社マトリックス 勤務

米島氏がこれまでに制作に加わったゲームのタイトル
ノスタルジオの風
光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-
Q1 当学院の授業やシステムで、どんな点が良かったですか?
専門学校のパンフレットを見比べて、一番学費が安く、授業時間数も多かったのでこの学校に決めました。実際に入学してやっぱり授業時間が豊富だと感じましたし、放課後に自主的に残って補習授業を受けられることが非常に良かったです。またPCが一人に対し一台割り当てられていることも良かったと思います。
Q2 当学院で学んだことで、現在のお仕事に活かされていることはどんなことですか?
学校で学んだ3Dの授業は、今でも役に立っています。また、学校に入ることでゲームを作りたい仲間と知り合いになる機会があり、そこで知り合った人とお互い別々のゲーム会社に入った後、情報交換などができますので、非常に役立っています。
Q3 自分の手掛けた作品の中で印象に残っているもの、それはどんな点かを教えてください。
「ノスタルジオの風」ではバトル部分を担当しました。 一つ一つの演出やコマンドの入力、カメラアングルなどを決めていったところが、「ゲームを作っているな」と、とても強く印象に残っています。これからもユーザーに面白いと思ってもらえる作品、かつ自分にとっても面白い作品を作っていきたいです。
Q4 勉強中、あるいはこれから勉強しようという人へのアドバイスをお願いします。
今、学校で学んでいるのは基礎の部分だと思います。更なる技術向上のために日々勉強するのを習慣づけていくようにして、時代の流れに置いていかれないようにしてください。私は自分の作品をしっかり作り、見せるための準備をし、自分の夢をしっかり持って、それを伝えることを意識して就職活動をしていました。それが成功の秘訣ではないかと思います。

ページの先頭へ