ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

OB・OGからのメッセージ

黒石 貴正 2013年卒業 アソビモ株式会社 勤務

  • イルーナ戦記 ©ASOBIMO. ALL RIGHTS RESERVED.

    ©ASOBIMO

黒石氏がこれまでに制作に加わったゲームのタイトル
イルーナ戦記
Q1 当学院に入学した理由は?
自分のやりたいことをやろうと考えていたときに「ゲームを作りたい」という気持ちに気づいたことがすべての始まりでした。しかし、プログラミングの経験が全く無い状態からのスタートでしたので、短期間で十分なスキルを身につけるためにはと考え、圧倒的な授業時間を持つこの学校を選びました。
Q2 当学院で学んだことで、現在のお仕事に活かされていることはどんなことですか?
授業の中で作成した自作のゲームは講師の方に提出するだけでなく、クラス内の学生全員に発表する場があります。そこで学んだ部分として「ゲームは自分がプレイするのではなく多数の他人がプレイする」ということです。自分本位で作っていてはゲームが成り立たないことに気付けたことが今の会社での仕事に活かされています。
Q3 実際に仕事をしているなかで喜びを感じたことがあったら教えてください。
お客様の反応です。「楽しい!」「面白い!」と言っていただけることが最高の喜びです。MMORPGですので、定期的にイベントやアップデートを行いますが、そのたびに反応を伺い次のアップデートに反映させていきます。良い手応えが感じられればそれだけで次の仕事への活力となります。
Q4 これからどんな作品を制作していきたいですか?
自他共に満足し、すべての人たちに認めていただけるゲームです。一つとは言わず、これから先に自分が作っていくゲームは全部そのようなゲームになるように作り続けていきたいです。単純ですが、人からほめられることが好きなので、そのために頑張っていきたいですね。

ページの先頭へ