ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

OB・OGからのメッセージ

石井 健介 2013年卒業 KLab株式会社 勤務

  • 真・戦国バスター ©KLabGames

    ※シリーズ累計400万人以上を突破した伊達政宗・織田信長などの有名武将の熱いドラマを描いた"物語"と、白熱する他のプレイヤーとの“対戦”をこなして天下統一を目指すドラマチック戦国RPGです。

    ©KLabGames

石井氏がこれまでに制作に加わったゲームのタイトル
真・戦国バスター
Q1 当学院の授業やシステムで、どんな点が良かったですか?
デッサンの時間が多く、基礎をしっかり学べた点が良かったです。また、いろいろな種類の課題を出してもらったおかげで様々な作品を作ることができました。20時まで作業することもできましたのでクオリティアップや作品数を増やすなど有効に時間を使えたことが良かったです。
Q2 当学院で学んだことで現在のお仕事に活かされていることはどんなことですか?
基礎のデッサン力と長時間作業できる忍耐力です。それから、いろいろな物を見ることや視野を広げる考え方など絵を描くこと以外のことが現在に活かされています。また、先生からの叱咤激励が自分の気持ちを引き締めてくれました。今でも良い経験だったと感じています。
Q3 実際に仕事をしているなかで喜びを感じたことや苦労したことがあったら教えてください。
自分が描いたイラストのゲームがリリースされた時の喜びは格別です。リリースまでに先輩方のイラストのクオリティに負けじと奮闘してくじけそうになったり、苦労したりしましたが、その分リリースされたゲームで自分のイラストを見ると嬉しい気持ちになりますね。
Q4 自分の手がけた作品の中で印象に残っているものを教えてください。
真・戦国バスターの「黒田官兵衛」という人物の一枚イラストです。当時アバターを描きつつ通常業務後に描いていたイラストで既存のものに顔を合わせたり、着物の構造を理解したりなど、かなり苦労しましたが先輩の指導もあって出来上がった作品です。今後も真・戦国バスターを代表するイラストをどんどん制作していきます。

ページの先頭へ