ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

8大特徴 東京ゲームデザイナー学院はココが違う!

1.基礎からゆっくりとわかりやすく

入学者のほとんどが初心者なので、基礎から時間をかけてわかりやすく指導していきます。入学前にはパソコンにあまり触れたことがない方や、絵をほとんど描いたことがない方でも、プロとして求められる実力までしっかりと身に付けることが出来るようになっています。経験や実績に基づいた、専門コースごとの独自カリキュラムは、無駄が無く、質の高い内容となりますので、やる気のある人には最適な環境です。

画像

2.全日制によるフルタイム授業

半日制のゲームスクールが多い中で、当学院ではAM10:00〜PM4:00まで、5時間の授業をフルタイムで行っています。さらに正規の授業時間に加え、必要に応じて放課後も教室を開放していますので、好きな時間に自主学習や講師への質問などが出来ます。主要アニメーター学院は1日3時間程度に対して当学院では2倍以上の学習時間。この豊富な時間数が就職実績として表れているのです。

画像

3.徹底した実践教育

プロへの最短距離は、何より実践することです。入学から卒業まで、実習時一人一台のパソコン体制が取られ、当学院オリジナルカリキュラムに基づいた授業を行います。これは、机上の知識を詰め込むのではなく、作品制作の課題を、次々とクリアしていく実践中心の授業で、入学2ヶ月でブロック崩し等の簡単なゲーム、半年ほどで相当なレベルのゲームが制作できるようになります。アニメ・マンガコミック科でも同様に作品を描くことを中心とした授業を展開し、様々な実践の場を与えるようにしています。

画像

4.デッサン重視

ゲームキャラクターデザイナー養成講座、CGクリエイター養成講座、アニメーター科、CGアニメ&ゲームキャラクターデザイン科の4つのアーティスト系コースのでは、毎日の授業のうちの半日をデッサン学習の時間にあてています。これは高い描画力をつけることでCG制作のレベルを上げるためです。デジタル化は進んでいても、あくまでも基本はデッサン力です。これだけの時間、デッサンを学べる学校は当学院以外には存在しないのです。

画像

5.個性重視の教育

ゲーム・アニメ会社が求めているのは技術だけではありません。新しいゲーム・アニメを生み出していく発想力を持った人材を求めているのです。漫画家も同様です既存のものに類似した作品で人気を得ることはできません。そこで当学院は、ひとまねではない、オリジナルな作品が出来るよう、授業で身に付けた技術・知識を活かし、比較的自由な雰囲気の中で、自分の作品作りを実習として行っています。この「個人作品」は、就職を決める上でもっとも大事なポイントとなります。

画像

6.常勤講師によるキメ細かなサポート

たくさんのプロを育てた実力と経験、幅広い知識を兼ね備えた当学院出身講師陣及び業界出身講師陣は全員常勤の当学院正社員。入学から卒業までフルタイムで講師がみなさんをサポートしています。非常勤(=アルバイト)の講師では生徒個々の感性や特徴を把握しきれないというのがその理由です。非常勤講師の授業が中心であるような学校とは「指導力」という点で大きな違いがあります。

画像

7.万全な就職指導体制

経験と実績を活かした「独自のカリキュラム」で即戦力を養うと共に業界の各方面に強い「就職指導部」が豊富な求人情報をとりそろえ、あなたを万全にサポートしていきます。当学院は創立24年でゲーム・アニメ会社への就職者数が4000名を突破するという全国ダントツNo.1の実績を挙げています。

また、当学院は毎年ゲーム会社のみならず情報処理会社やCG・映像系企業への就職についても、ゲームスクール及びコンピュータースクールの中でダントツ全国第1位の実績を挙げています。

画像

8.専門・社員としての就職実績No.1

東京ゲームデザイナー学院はゲーム・アニメ会社への就職者数が創立24年で4000名以上を達成しました。独自のカリキュラム・指導方針・そして最先端の環境がそれをはるかに上回るゲームクリエイタースクール始まって以来の超驚異的な実績を生み出したのです。

画像

ページの先頭へ