ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
齊藤 太一さん

「ONE PIECE モバイルジャック “キャプテンウソップの名射撃”」「エミル クロニクル オンライン」などのゲームソフト開発で知られる株式会社ヘッドロックに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由はどんな点でしたか

きっちりデッサンを学べる授業内容を持っている学校というのを第一条件に学校を探していました。「楽しそう」と思えるカリキュラムも必要ですが、本当に身になる勉強をできるのはこの学校だけだと感じて入学を決めました。結果としてかなり早い段階で就職が決まりましたし、就職活動でもこれといった苦労は無かったので、学校選びは大正解だったと思います。

★この学校で勉強して一番良かったことは何でしたか

こう言うと誤解を招きそうですが、いわゆる学校の思い出話というのは無いですね。それだけ勉強に集中していたし、数多くの作品制作に励んでいました。友人や先生とのふれあいも就職活動も、とにかく一日一日が「濃い」内容でした。わき目もふらずにがむしゃらに作品制作に取り組んでいた日々が今となってはなつかしいです。

★先生方はどんな人達でしたか

とても親しみやすく、例えるなら部活の先輩のようでした。私も他の友人達も勉強内容の疑問だけではなく、プライベートの相談もよくしていました。公私両面で尊敬できる方々だったと思います。正規の授業時間を過ぎても先生方は残ってくれましたし、自分のやる気に応じて時間を有効に使えたことが上達につながったと思っています。絵を描くのは時間数に比例して上手くなると思いますので、長い時間先生とコンタクトできる環境は本当に助かりました。

★就職活動のアドバイスと今後の抱負を聞かせてください

就職活動のアドバイスというよりは勉強姿勢についてのアドバイスになりますが、キャラクターデザイナーにとってはやはりデッサンの技量が重要です。実際、今の会社に採用された決め手はデッサンだったようですから。しっかりデッサンを学べる環境で勉強した方がいいと思います。今後も学院で学んだことを活かして胸を張って「プロ」だと言えるようなクリエイターになりたいと思います。

ページの先頭へ