ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
村岡 洋一さん

「絶体絶命都市」「RーTYPE」シリーズなどの開発で知られるアイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社に就職決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由はどんな点でしたか

最初に驚いたのが、取り寄せたパンフレットに掲載されていた学生作品のクオリティの高さでした。それを見て、この学校でまじめに勉強していれば自分もそのレベルまで達することができるなと将来像が容易にイメージできたんです。それからデッサンも基礎から教えてくれるということでしたので、全く未経験だった自分にはうってつけの学校だなと思いました。

★学校の一番良いところはどんなところだと思いますか

放課後も残って勉強できる点ですね。特に僕の場合は新聞奨学生で、新聞販売店での仕事との両立が課題でしたから、限られた授業時間外の教室開放というシステムは重宝させていただきました。ほとんど夜8時まで利用させていただきましたが、先生もそれまで残ってくれてアドバイス等をいただきまして感謝しています。

★その先生方の印象を聞かせてください

一言で言えば「優しい」というイメージです。クラス全員の面倒を見なければいけない立場で大変だったはずですけど、僕を含め1人1人に気を配っていただけました。上から下へ一方的に教えるのではなく、生徒思いの先生でしたので気軽に質問をしたり、アドバイスを受けたりする事が出来ました。また、個性的な先生が多かったので、人とは違う感性を吸収することが出来た気がします。

★今後の抱負を聞かせてください

学院の授業でも時間内に作品を完成させるために計画的に制作過程を計算することを学んできましたので、それを実際の仕事でも注意していきたいですね。アイレムソフトウェアエンジニアリングに入ることが出来たといっても、まだまだ新人ですから勉強することは多いと感じています。実際にプロジェクトに参加して1つのゲームの制作チーム加わることになれば責任をともなうことになるので、自分に妥協せず満足の出来る仕事をしていきたいと思っています。

ページの先頭へ