ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
吉野 愛美さん

「バイオハザード」シリーズ、「ロックマン」シリーズなどのファンの多いゲーム会社として知られる株式会社カプコンに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由はどんな点でしたか

他の専門学校に比べ授業時間が長いことと就職実績が高いことで入学を決めました。授業時間が長いので基礎の勉強に費やす時間も長くとれたので良かったですね。私はこの学院に入るまで絵の具を使ってのイラストを描いたことが無かったので、授業ではとても新鮮に感じて楽しく勉強することができました。

★この学校の授業やシステムで一番良かったことは何でしたか

講評の時間があったことです。1人1人の作品の良い部分はもちろん欠点、その改善方法まで解説してくださったので、自分が今まで感じる事ができなかったことを多く知ることができました。先生も作品に対しては厳しく審査をしてくれましたので未熟な面をカバーすることができましたし、どこを改良すればよくなるかといった適切なアドバイスを分かりやすくしていただけたのも良かったです。

★授業や就職活動の作品制作はどうでしたか

自分が描きたいものを楽しんで描くことにしていました。やはり楽しむことに上達のポイントが隠されていると思いますので。でも、一人よがりな作品にならないようにすることだけは注意していました。プロのキャラクターデザイナーになるには、他人の目を意識したキャラクター創りが必要だと思ったからです。作品制作ではこの点を一番重要視してやっていたと思います。

★就職活動のアドバイスと今後の抱負を聞かせてください

自分の実力を会社に上手くPRできるかどうかで頭を悩ませました。それから就職指導部を活用することも大事だと思います。就職指導部の方には書類のチェックなどで何度もお世話になっていましたし、就職という形で恩返しが出来て良かったです。カプコンに入社が決まり、これからが自分にとっても大事な時期になりますが、仕事でも私生活でも全力で突き進んで、早く周りの方々に認めていただけるようになりたいですね。

ページの先頭へ