ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
小川 達弥さん

「バイオハザード」シリーズ、「ロックマン」シリーズなどのファンの多いゲーム会社として知られる株式会社カプコンに決定

★この学校の授業やシステムで一番良かったことは何でしたか

僕の卒業したCGクリエイター養成講座では、2年時に自分の創る作品を決めて制作にあたることができましたので、自分の目指す道を自分で選ぶことができ、精神的に大きく成長できたと感じています。また、この学校は休みが少なく、3Dにもデッサンにも打ち込めたことが良かったですね。

★この学校の先生方の印象を聞かせてください

まずは何よりありがとうございましたという気持ちですね。先生方は「先生」という遠い存在ではなく、「仲間」と呼べる存在でした。質問にも分かりやすい回答をしていただいてとても助かりました。近い距離感で接することができたので相談もしやすい雰囲気でしたし、自分の成長は先生方のフォローがあってのものだと思っています。

★授業や就職活動の作品制作はどうでしたか

気を付けていたのは自分の考えた設定のイメージを崩さないようにすることでした。あと、技術的なことでは動かしやすいようにポリゴンを調整することにも注意を払っていました。就職活動のファイル作りでは、1週間突き詰めて制作にのぞんだこともありましたし、学院の先生を夜遅くまで引っ張ってしまったこともありましたけど、それも今では良い思い出です。

★今後の抱負を聞かせてください

カプコンのような大手のゲーム会社に決まって自分でもビックリしています。しかし、その一員になれたということだけで満足せずにカプコンを代表するクリエイターになることがこれからの目標です。スタートラインに立つことができたのは、学院の先生方から受けた数々のアドバイスや面接練習を何度もやってくれた就職指導部のスタッフの方のサポートがあったからこそです。これを忘れずに今後も挑戦を続けて行こうと思っています。

ページの先頭へ