ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
林﨑 睦さん

独立系ゲームソフト受託開発企業として国内外の主要なゲームソフトメーカーを支える株式会社トーセに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由を教えてください。

入学前の学校説明会で明確に「企画者」「シナリオライター」を育成するという指標を示してくれたからです。いくつかの学校を見て回りましたけど、企画・シナリオに特化した講座が充実しているのはこの学校だけでしたし、自分の勉強したいことを勉強できるのはココだ!とダイレクトに思えたからです。

★学校の授業やシステムで一番良かった点はどんなところですか。

毎日、午後から行うグループ実習の授業が最も効果的で濃厚だったと思います。チームでの制作活動においてのスケジューリングや意見管理など実践ならではのスキルが体得できたからです。真剣に企画者を養成する講座なんだと改めて感じました。先生方も業界の先輩として時には厳しく、時には親切に指摘していただけたので、グラウンドレベルの生きた授業だなと感じていました。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか

まずは入学したら毎日休まず授業に出ることです。当たり前のことですがチームをまとめていく企画者として必要最低限の事項だと思います。そして課題はとにかくとことんまでやること。私の場合、不器用で手を抜くことが出来ませんでしたが、小手先でかわすようなことをせず作業に没頭することで粘り強くなります。それから納期に対する意識をシビアに持つこと。これも企画者として必要な要素だと思います。

★今後の抱負を聞かせてください

自分が就職を決めることが出来たのは共に戦う仲間がいたからだと思っています。刺激を与え合う仲間との良好な関係というのが、いかに大切なことであるかを学びました。今後もプロの現場で様々な人との有益な出会いがあると思いますので、これまでと同様にお互いを高めていける関係を築きたいです。最終的な目標は自身の企画を自身のディレクションで創り出すことです。その目標に向かって一歩一歩努力していきたいですね。

ページの先頭へ