ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
樫原 崇さん

「バイオハザード」シリーズ、「ロックマン」シリーズなどのファンの多いゲーム会社として知られる株式会社カプコンに決定

★学校の授業やシステムで一番良かった点はどんなところですか。

パンフレットを見て、余分な行事などがなく、1年を通じて勉強に専念できる学校だと感じ、入学を決めました。実際に密度の濃い授業が受けられましたが、特に手描きの授業とパソコンの授業が連動していたところが良かったと思います。具体的には自画像デッサンと並行して3Dで人体を制作することで構造がつかみやすかったこと等ですね。

★作品制作ではどんな点に気を使いましたか。

実際に市販されているゲームを参考にしたり、資料を集めたりなど出来る限りの工夫をしました。授業の課題で取り組んでいるという意識ではなく、製品として創ることを意識していました。そのため、締め切り寸前まで手を加え続ける気持ちを持てて、最終的な甘えをなくすことが出来ました。

★今後の抱負を聞かせてください。

基本的にはこれからも変わらず「絵が上手くなりたい」という気持ちを切らさずに精進していきたいです。会社に入ってからは、まずは商品を創っていくということに慣れることから始めていきたいです。そこから徐々に、自分に出来ることの可能性を探りながら、デザイナーとしての確立を図っていきたいと考えています。

★これから勉強を始めようと考えている人にアドバイスはありますか。

自分が何をしたいのかをつかむことが大切です。ゲーム制作にしても2Dなのか3Dなのか。自分の適性を見極めたらあとは努力するのみだと思います。そのように気持ちを入れて創りこんだ作品が、自分に代わりすべてを語ってくれるはずです。また、自分がこれから進もうとしている道に対して強い覚悟を持つことも必要だと思います。

ページの先頭へ