ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲーム・アニメ業界に就職した学生インタビュー
生徒
安西 達也さん

「バイオハザード」シリーズ、「ロックマン」シリーズなどのファンの多いゲーム会社として知られる株式会社カプコンに決定

★東京ゲームデザイナー学院に入学を決めた理由を教えてください。

高い就職実績、授業日数の多さ、授業終了後も夜まで教室を開放してくれていること、授業に心理学を取り入れている斬新さ。

これらのことから充実した勉強が出来、夢を実現するために最善の場所だと判断して入学を決めました。

実際に夜に先生に質問して疑問を解決できたことが、翌日以降に「わからない」を引きずることにならずに気持ちよく学習できた要因になったと思います。

★先生の印象を聞かせてください。

生徒に対し、とても親身になってくれる存在でした。

作品にも一人一人に細かく指摘をしていただいたので、自分の得意な点と苦手な点がどこなのかを見つけやすく、とてもありがたかったです。

私が内定をいただいたときには、自分の事のように喜んでくれたりもしました。

★授業の作品制作ではどんな点に気を使いましたか。

授業を通じて一番大切だと感じたのは締め切りを守るということです。

いくらすばらしい作品を創ったとしても締め切りに間に合わなければ意味がありません。

早めに完成形を創り上げ、残った時間をクオリティアップに費やすことが良い作品を仕上げる上で大切な事だと私は考えております。

★これから勉強しようと考えている人達へアドバイスをお願いします。

自分で選んだ道でしょうから、最後まで目標に向かって突き進む事が一番大事だと思います。

努力すれば努力した分だけ実力は必ずついてくるものです。

自分には才能がないと安易に途中で諦めたりせずに、精一杯力を注いでみてください。

私も今後に大きな壁にぶち当たることもあるかと思います。

しかし、それを乗り越え、壊して前に進める人間になりたいと思います。

ページの先頭へ