ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

在校生の声 | ゲームキャラクターデザイナー養成講座

デッサン力、線画を描くスピード、色のあつかい、Photoshopの使い方・・・。この学校でスキルアップしたことが山ほどありました

金橋くん

高校までと大きく違うのはやりたい勉強ができるということですね。だからこそ途中で投げ出さずに頑張れるんだと思います。入学前はCGを使ってキャラクターをデザインするというイメージしかありませんでしたけど、実際にはデッサンなどアナログの部分が重要だということに気づきました。デッサン力、線画を描くスピード、色のあつかい、Photoshop の使い方・・・。この学校でスキルアップしたことが山ほどありました。

生徒

入学当初はアプリケーションの使い方も分からなかったのですが、「努力しないで上手くなれる人なんていない」という気持ちで頑張っています

西澤くん

ずっとスポーツに打ち込んでいた自分とは正直反対の道になりましたが、今では真剣にゲームキャラクターデザイナーを目指しています。きっかけは姉がこの仕事をしていること。自分もやってみたいという気持ちがどこかにあったのだと思います。入学当初はアプリケーションの使い方も分からなかったのですが、「努力しないで上手くなれる人なんていない」という気持ちで頑張っています。そして将来は誰からも愛されるキャラを創りたいですね。

生徒

高校までは普通の勉強でガマン。そしてようやく今、本当の勉強をしているっていう感じなんです

岡田さん

ゲームのイラストを描きたいと思ったのは小学校ぐらいのときからでした。でも高校までは普通の勉強でガマン。そしてようやく今、本当の勉強をしているっていう感じなんです。どこの専門学校へ行くか考えていた時に、体験学習で一番相談に乗ってくれて安心させてくれたこの学校に決めました。私の創りたいキャラクターは対コンピュータではなく対人間を意識しできるもの。だから女の子も男の子も違和感なく遊べるポップで元気なデザインをしています。

生徒

何もしないで後悔するよりチャレンジすることを選ぼうという気持ちが後押ししてくれました

斎藤さん

楽しいものを創ってみんなが喜んでくれたらステキだなあと思って、ゲームキャラクター制作の道に踏み出しました。自分の中では勇気のいる選択だったのですが、何もしないで後悔するよりチャレンジすることを選ぼうという気持ちが後押ししてくれました。この学校に感じるのは「本気」の精神。1日中実践的に勉強できて上達させてくれるって感じたからです。入学してから自分の中で本当の夢や目標を抱くようになりました。それだけでも得るものが大きかったと思います。

生徒

でも最終的には自分のやりたいことをやっていこうと思ったんです

竹内さん

高3の時に進路を決めるときにいろいろ考えて、悩んだ末に選んだ道でした。でも最終的には自分のやりたいことをやっていこうと思ったんです。やりたいことをやっているんだから逃げ道はないんです。リアルだけど絵らしさを残したキャラクターを創りたいと思っていますが、その反対にファンタジー系のキャラクターも創りたいと思っています。とにかくいろんなタイプの作品を残すこと。これが将来の目標です。

生徒

初心者の自分でもついていくのが苦じゃなく、理解できることで次への意欲が高まっていく良い循環が出来ています

中川くん

小さいころから絵が好きで描いていました。この道に進む決心をしたのもゲーム雑誌に載っていたモンスターのイラストを見たからでした。この学校は基礎から教えてくれるので初心者の自分でもついていくのが苦じゃなく、理解できることで次への意欲が高まっていく良い循環が出来ています。今では絵を描くことも仕事感覚になって、絶対に妥協しない強い気持ちを持てるようになっているんです。

生徒

環境問題・対人関係のような目をそらされている問題をゲームを通じて伝えたいんです

原田さん

この学校で学んだのは、教えてもらうという受身の姿勢ではなく自分から学んでいくという積極性ですね。先生も熱心に私たちの疑問に答えてくれますし、話を聞く時の態度とか社会人として必要なことも学びました。私の創りたいゲームは子供達へのメッセージがある作品です。環境問題・対人関係のような目をそらされている問題をゲームを通じて伝えたいんです。

生徒

この学校にはいろんな人がいますけど、その意識の高さには刺激されます。遊び半分じゃない本気さをみんなが持っているんです

楢田くん

中学から高校にかけて、自分のやりたいことってなんだろうと考えたらゲームがすぐに頭に浮かんだんです。いろんなジャンルのゲーム制作に携わりたい、多くのキャラクターを生み出したいと思いました。この学校にはいろんな人がいますけど、その意識の高さには刺激されます。遊び半分じゃない本気さをみんなが持っているんです。授業は楽しいけど、毎回緊張感があってやりがいがあります。

生徒

がんばることはカッコ悪いことじゃないし

八幡くん

昔から絵を描くのが好きだったんですけど、明確にキャラクターデザインの仕事を意識したのは高校3年の時でした。周囲の人から見れば「夢を見ちゃってる人」と思われるかもしれないけれど、がんばることはカッコ悪いことじゃないし、とにかく一流のゲームキャラクターデザイナーになりたい。そして新たなゲームユーザーを開拓できるような人間になりたい。それが自分の目標です。

生徒

1年以上も絵の勉強だけを専門的に勉強してきたからこそのレベルアップですね

笠間くん

入学前と今現在の技術力の差は「月とスッポン」です。1年以上も絵の勉強だけを専門的に勉強してきたからこそのレベルアップですね。授業では学校から出される課題は仕事なんだという意識を強く持って取り組んでいます。そういう責任感の中で絵を描くうちに妥協ができなくなって、これならゲーム会社に入ってもやっていけるという手応えをつかみました。将来は夢と愛情がいっぱいのキャラクターを創って、それを育てていきたいです。

生徒

ページの先頭へ