ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

在校生の声 | ゲームデザイナー養成講座(プログラマー養成中心)

あれこれ悩むより思い切って挑戦してよかったと感じています

平田くん

高校2年の時、これからどういう進路をとろうかと考えたときに「人に夢を与える仕事」というのが真っ先に脳裏に浮かびました。周りの人たちも夢を追いかける僕を応援してくれています。ゲームについては勉強内容も仕事のことも、もちろん業界のことについても全く知りませんでしたが、実際にこの世界に飛び込んでみたら自然に対応できて、あれこれ悩むより思い切って挑戦してよかったと感じています。

生徒

学校の授業が知識の習得だけで終わらずに技術の会得にまでつながっていることが今の自分の力になっているのを感じます

市川くん

一人に一台のパソコンを用意してもらえるから好きなときにプログラムを組めると聞いてこの学校を選びました。実際に入学してみて勉強する時間数に比例して技術も上達するっていうことが分かりましたし、学校の授業が知識の習得だけで終わらずに技術の会得にまでつながっていることが今の自分の力になっているのを感じます。まだスピードとかに課題はありますけど、もっとレベルが上がるようにがんばっていきたいですね。

生徒

高校までの勉強と違って好きなことを勉強できるから楽しいし、目指しているものに向かっているから意欲もあるので大好きな充実感を感じています

三浦くん

高校までの勉強と違って好きなことを勉強できるから楽しいし、目指しているものに向かっているから意欲もあるので大好きな充実感を感じています。将来的な目標は初心者から上級者まで楽しめるシューティングゲームを創ることです。多くのユーザーを満足させたいからです。ただ今はあせらずに一歩ずつ進んでいきたいと思っています。ペース配分を間違えると自分を見失ってしまいますから。

生徒

正直なところこんなに早くできるようになるなんてビックリしています

飯川くん

ゲームクリエイターという職種があるのを知ったのは中学生ぐらいのときでした。そのときからこの仕事をやってみたいという漠然としたものを感じていたんです。今、入学して1ヶ月ちょっとですけど、簡単なプログラムなら組めるようになりました。正直なところこんなに早くできるようになるなんてビックリしています。まだ勉強時間はたっぷりと残されていますので、どこまでできるようになるのか楽しみです。

生徒

「ゲームで感動したからゲームで感動させたい」僕がこの道を選んだ理由は単純明快です

金城くん

「ゲームで感動したからゲームで感動させたい」僕がこの道を選んだ理由は単純明快です。選んだ道はそれぞれ違うけど、僕の友達はみんな自分のやりたいことに向かって妥協しない人ばかりだから特にそう感じました。今はできることを一つ一つ片付けていくだけですけど、目標である「感動を与える人間」になるために学生気分を捨てて、努力を続けていきたいと思っています。

生徒

入学してからというもの毎日の勉強が本当に楽しくて時間も忘れて取り組んでいます。

安喰くん

高校までは中学の延長という感じで学ぶことに目的を感じられませんでした。それだけこの学校での勉強は新鮮に感じたのが第一印象です。入学してからというもの毎日の勉強が本当に楽しくて時間も忘れて取り組んでいます。そんな中でいろいろな知識を吸収できているのでこれをプログラムに活かすことができたらいいなと思っています。先日、弟に制作途中のゲームをやってもらったら「面白い」といってもらえました。そんな一つ一つのことまで楽しくて仕方がない毎日です。

生徒

この学校にきて最初の成功は自分らしさが見つけられたところにあると思います。

横田くん

みんなが普通にゲームを楽しんでいる時に、僕は「どうやって動いているのか?」っていうところにしか興味がわかなかったんですよ。もともとクリエイター精神を持っていたんじゃないですかね。同じクラスの仲間と競い合ったり、認め合ったり、支えあったり・・・。ゲームとは反対の人間的な部分の成長もさせてくれる学校です。この学校にきて最初の成功は自分らしさが見つけられたところにあると思います

生徒

学校選びの決め手となったのはもちろん就職実績

坂田くん

ゲームは遊ぶより作ったほうが絶対に面白い。そう思ったのがゲームクリエイターになろうと決めたきっかけでした。学校選びの決め手となったのはもちろん就職実績。プロを目指すのに就職できなければ意味がないですから。勉強するようになって実感したのはプログラムに対する好奇心が旺盛になったこと。プログラムやコンピューター言語とかいうととっつきにくいと思われがちですけど、はまるとすごく面白いんです。

生徒

たった数ヶ月でココまで出来るようになったのは本当にオドロキ

安立さん

子供のころからゲームをするより、人が遊んでるのを見てるのが好きでした。そのころ客観的な目を養ってきたんです。だから自然と創る方に目が向きました。入学当時は全くの初心者だったのが、たった数ヶ月でココまで出来るようになったのは本当にオドロキ。1日中プログラムだけを勉強できる成果でしょう。これからはもっと行動範囲を広げて、ゲームに取り入れていきたいですね。

生徒

入学前は素人同然だったのに、今では父とプログラムについて何気なく会話してるんです

高橋さん

ゲームプログラムって1つ1つの命令から出来上がっているんですよ。そういう見方で今まで遊んできたゲームを見るのも一つの楽しみです。入学前は素人同然だったのに、今では父とプログラムについて何気なく会話してるんです。将来はちょっとおバカなゲームを創って楽しんでもらいたいです。

生徒

ページの先頭へ