未経験、初心者からアニメーターのプロになれる!創立24年 ゲーム・アニメ就職者4000名!アニメーター科/CGアニメ&ゲームキャラクターデザイン科
東京ゲームデザイナー学院がこれまで数多くのアニメーターを生み出せたそのワケとは?
その1 未経験、初心者をプロに変える 実習中心の授業。描画力を高めるデッサン等を実践的に取り入れたカリキュラムで即戦力を育成します
その2 とことんまでヤル気に応える 豊富な授業時間。授業だけでも十分な時間ですが、必要に応じて放課後も教室を開放。もちろん講師も駐在
個を伸ばしてライバルに差をつける
アニメーター科/CGアニメ&ゲームキャラクターデザイン科を卒業した生徒の就職先(一部抜粋)

絵を描いたことが無い人でも大丈夫!

入学するほとんどの人が初心者

学校に入る方の多くが本格的に絵を勉強したことが無い人ですが、基礎からしっかり時間をかけて講師が指導するのでカリキュラム修了時にはアニメーターの即戦力になれるだけの実力が身に付きます!また高い描画力を修得することでイラストレーターやキャラクターデザイナーとして活躍することも可能です。

アニメーターへの第一歩!

アニメーターの第一歩!学校で一からアニメについて学びましょう。実際に作品制作実習を行い実践的なカリキュラムで授業を進めていきます。特にデッサンを中心に描画力を高める授業を徹底的にしていきますのでハイレベルなアニメーターとしてのスキルを習得することが可能です。

生徒のヤル気に応え、個を伸ばす充実した環境

全日制フルタイム授業、必要に応じて放課後も教室を開放

当学院は一日も早くプロになってもらうため、すべてのコースで全日制フルタイム授業を採用。さらに授業が終わったあとも、集中力が高い状態が続き、まだまだ絵を描きたい!と思うことはままあります。 当学院では、必要に応じて放課後も学校を開放し、存分に絵を描くことができる環境を整えています。その際には講師もいますので、わからないところを聞くこともできます。

さらに!就職活動もしっかりサポート

経験豊富な就職対策のエキスパートがあなたを指導

当学院では就職活動の面でもサポートするため、就職活動専用の『就職指導部』を設置。面接や自己PRが苦手という方に向けた指導にも力を入れ、厳しい就職戦線を勝ち抜くための面接ノウハウを個別指導しています。

豊富な求人情報はもちろん、企業の詳細な情報と照らし合わせ、より具体的な就職対策も可能。また、企業に提出する作品へのアドバイスも。

就職指導部による充実のサポート 1 豊富な求人情報、2 詳細な協業情報、3 応募用作品指南、4 面接指導、5 進路相談

アニメ業界で活躍するアニメーターの卒業生

業界で活躍する卒業生からのメッセージ

ob1
荒畑 歩美さん 2004年卒 チーム・タニグチ.LLP 勤務

先輩からのアドバイス

何事も楽しんでやること。まずはそれからです。苦手だ、嫌いだと避けてしまうことはやめたほうがいいですね。それでは何も得るものがないですから。そして、少しでも疑問が生じたら先生に相談することです。良い評価も悪い評価も必ず身になるものです。少しでも良いものを作りたいと思うなら、決して無駄にはならないはずです。

先輩に質問! Question & answer

当学院に入学した理由、決め手になったところは?

絵を描くことが好きで、もともとデジタルよりはアナログのほうが好きな人間でした。アニメは3Dよりも2D寄りですし、興味も強く持っていましたので入学を決めました。当時は夜8時まで学校に残って勉強をしていました。自分のペースで、しっかりと作業が出来る環境はとてもありがたかったです。今の基礎が出来上がったのはここでの経験があったからだと思います。

学校で学んだことでお仕事に活かされているのはどんなことですか?

現在は色が塗り上がったベタのセルに質感などを加える特殊効果の仕事をしています。料理を美味しそうに見せたり、キラキラしたイメージを出したり、臨場感を出したりなど時には画面の印象を決定する難しい仕事ですが、それゆえに面白い仕事です。学院ではデッサンや模写を通じてものをしっかり見て捉えることの大切さを学びました。多くの経験を積んだ今でもそう感じています。リアルもデフォルメも基本あってこそだからです。

荒畑さんが手がけた作品の中で印象に残っている作品はありますか?

「HIGH LANDER」です。もともと川尻監督の作品が大好きでしたので、この作品に携わることができてとても幸せでした。作業しているときはどんなカットでも楽しくて楽しくてしかたがなかったです。作品を好きになるという気持ちが、とても大きなエネルギーになることを改めて知りました。