在校生の声 | ゲームキャラクターデザイナー養成講座

金橋くん

高校までと大きく違うのはやりたい勉強ができるということですね。だからこそ途中で投げ出さずに頑張れるんだと思います。入学前はCGを使ってキャラクターをデザインするというイメージしかありませんでしたけど、実際にはデッサンなどアナログの部分が重要だということに気づきました。デッサン力、線画を描くスピード、色のあつかい、Photoshop の使い方・・・。この学校でスキルアップしたことが山ほどありました。

生徒

西澤くん

ずっとスポーツに打ち込んでいた自分とは正直反対の道になりましたが、今では真剣にゲームキャラクターデザイナーを目指しています。きっかけは姉がこの仕事をしていること。自分もやってみたいという気持ちがどこかにあったのだと思います。入学当初はアプリケーションの使い方も分からなかったのですが、「努力しないで上手くなれる人なんていない」という気持ちで頑張っています。そして将来は誰からも愛されるキャラを創りたいですね。

生徒

岡田さん

ゲームのイラストを描きたいと思ったのは小学校ぐらいのときからでした。でも高校までは普通の勉強でガマン。そしてようやく今、本当の勉強をしているっていう感じなんです。どこの専門学校へ行くか考えていた時に、体験学習で一番相談に乗ってくれて安心させてくれたこの学校に決めました。私の創りたいキャラクターは対コンピュータではなく対人間を意識しできるもの。だから女の子も男の子も違和感なく遊べるポップで元気なデザインをしています。

生徒