在校生の声 | ゲームデザイナー養成講座(プログラマー養成中心)

平田くん

高校2年の時、これからどういう進路をとろうかと考えたときに「人に夢を与える仕事」というのが真っ先に脳裏に浮かびました。周りの人たちも夢を追いかける僕を応援してくれています。ゲームについては勉強内容も仕事のことも、もちろん業界のことについても全く知りませんでしたが、実際にこの世界に飛び込んでみたら自然に対応できて、あれこれ悩むより思い切って挑戦してよかったと感じています。

生徒

市川くん

一人に一台のパソコンを用意してもらえるから好きなときにプログラムを組めると聞いてこの学校を選びました。実際に入学してみて勉強する時間数に比例して技術も上達するっていうことが分かりましたし、学校の授業が知識の習得だけで終わらずに技術の会得にまでつながっていることが今の自分の力になっているのを感じます。まだスピードとかに課題はありますけど、もっとレベルが上がるようにがんばっていきたいですね。

生徒

三浦くん

高校までの勉強と違って好きなことを勉強できるから楽しいし、目指しているものに向かっているから意欲もあるので大好きな充実感を感じています。将来的な目標は初心者から上級者まで楽しめるシューティングゲームを創ることです。多くのユーザーを満足させたいからです。ただ今はあせらずに一歩ずつ進んでいきたいと思っています。ペース配分を間違えると自分を見失ってしまいますから。

生徒