RPG制作実習『戦乱の龍』

企画・シナリオライター養成講座のスカイです。
今回の実習は「RPG制作」というグループ実習です。

201503061

私たちの班では、「戦乱ノ龍」というRPGを制作しました。ストーリーは、高校生の主人公が家の蔵にあった巻物を読んだことがきっかけとなり、過去の日本にタイムスリップしてしまう、といったものです。

上の画像は、タイトル画面です。
和紙を背景に、巻物にタイトルを書くことで和の雰囲気を演出しました。ゲーム中のメニュー画面やステータス画面も、和風ということを印象づけるために、出来る限り日本語で作成しました。例えば、セーブなどは記録という言葉に変えるなどの作業を行いました。

20503062

これは町のマップです。
このマップ作成も、和を意識しながら作成しました。マップ作成には、マップチップと呼ばれる素材を使用します。

この他にもバランス調整やイベントの追加、バグのチェックなど、全ての作業を三週間で行い、完成です。三週間という期間だったので、少し大変でしたが、無事に完成させることができた時には、達成感と安心感を感じました。

大変な課題でしたが、班のメンバーと協力して制作したので、楽しく作業することができました。この経験を活かして、一人でも多くのユーザーが楽しめるRPGを作れるようになれるように、努力したいと思っています。

企画・シナリオライター養成講座