ゲーム・アニメを専門に学べる学校 東京ゲームデザイナー学院。業界の即戦力を育成します

2018年 4月生 募集中!

ゲームは遊ぶだけじゃなくて作ってみたい?

【質問】子供の頃ゲームを作りたいと思ったことはありますか?【回答数】はい:61 いいえ:39

子供の頃に何らかのゲームで遊んだことがある方は非常に多いでしょう。 また、そのようなゲームから影響を受けたことがある方も多いのではないでしょうか? 人によってはゲームをするだけでなく、自分で考えてゲームを作ってみたいと思った経験があるかもしれませんね。 そこで、子供の頃ゲームを作りたいと思ったことがあるのかをアンケートで調査してみました。

ゲームをプレイするだけでは満足できない

6割を超える方が、子供の頃ゲームを作りたいと思ったことがあると答えています。

  • RPGとアクション系のゲームや新しい分野のゲームを開発したり作りたいと思った。
  • 今では普通にある対戦的なコンピュータゲームを作りたかったです。
  • 子供の頃スーパーマリオブラザーズにハマってこのようなゲームを作る人になりたかった。
  • ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのようなストーリーを持ったRPG。
  • 自分自身のファンタジーを満足させるような、魔法使いになれるゲームが欲しいと思っていました。

このように、子供の頃ゲームを作りたいと思ったのはテレビゲームなどに影響を受けたことが要因となっているようです。回答ではRPGやアクション系のゲームを作りたかったとあり、その理由としては「ハマっていた」というように、ゲームの世界観に引き込まれたことが分かります。プレイする側では飽きたらずにクリエーターになりたいという気持ちが湧いてくる方もいるようです。

ゲームの作成に興味はあるものの・・・

一方で、「いいえ」と回答した方は約4割で、詳細は次の通りです。

  • テレビゲームやコンピューター的なゲームは頭が良くないと作れないと思うので、単純な目の錯覚を利用したようなゲームを作りたいです。
  • テレビゲームのような電子系のものは作ってみたいと思いませんが、みんなで遊べるボードゲームのようなものなら、作ってみたいと思います。
  • ゲームを作るという発想はまるでなかった。できているゲームをやるだけで楽しいので別に自分で作りたくはない。
  • どちらかといえば皆で盛り上がれる家族みんなで出来そうな楽しいゲームを作りたい。
  • ゲームは好きですが、作るとなるととても難しそうなので、私にはおそらく無理です。

このように、「いいえ」と回答した方の中でもゲームを作りたい気持ちはあるものの、テレビゲームなどを作るのは難しいと考えているようです。存在しているゲームで満足している方も見受けられます。 一方で、ゲームを作りたいと思わなかった方の中には、テレビゲームは無理でも単純なものやボードゲームなどの作成には興味を持っていることが分かりました。

ゲームを作ってみたい!じゃあどうすれば?

今回のアンケート調査では、子供の頃に何らかのゲームを作ってみたいと思った方が多いことが分かりました。また、難しいと感じるテレビゲームは無理でも単純なゲームであれば作成には興味を持っている方も一定数いることも分かりました。 ゲームを作るのであればそれなりの知識が必要となります。知識を得るためには、専門学校でプログラムの知識やデザインの知識を得ることも大切かもしれません。ゲームに関する専門的な知識を学べる専門学校へ進学することも考えるべきかもしれませんね。

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2014年8月14日~8月18日

■有効回答数:100サンプル

ページの先頭へ